ハーブ

暮しと生活のお役立ち館
TOP>ハーブの育て方





ハーブは比較的簡単に育てられる植物です。 ハーブを料理に使ったり、ハーブティーで使ったり!!

ガーデニング生活に1つ!!ハーブを加えてみてはいかがですか?ハーブの育て方を簡単に紹介しています。






ハーブが元気に育つために必要なこと!

日が当たる場所、午前中にたっぷりと光をあたえ、適度な水分を与える、

目安は、土の表面が乾いているくらいに水を与えること。

夏の暑いときは1日2回くらい与えるといいのでくが、

ポイントは土の表面が乾いているときに!水を与えること!

与えすぎると根が腐ってしまいますのでね。

それと、風通しがよい場所!場所が悪いと、病気や、害虫の原因になります。




 ハーブ栽培の基礎 〜 土 


培養土をブレンドする場合は、赤玉土、腐葉土、ピートモース、パーラーイトがあれば、特殊なものを除けば問題はないです。

配合比率を、赤玉土を7、腐葉土、またはピートモースを3で大半のハーブは育てることができます。

もしくは、ハーブ専用に調整された、ハーブ専用の土を使うといいですね。


  ハーブ栽培の基礎 〜 肥料  


肥料ですが、ハーブ用の肥料は、有機質肥料、有機配合肥料などで、液体、棒状、粒状のものがあります。

有機質肥料は、天然の素材(植物や動物)を使った肥料で、微生物の力で有機質が発酵、分解して無機質に

なり吸収されます。気温が低い時期は発酵が進みみくいので肥料効果が落ちます。

有機配合肥料は、数種類の肥料を混合したもので、多くは、有機質肥料に、無機質肥料を配合したものです。


  ハーブ栽培の基礎 〜 道具  


ハーブ栽培には、素焼きタイプのものが向いています向いています。

通気性、排水性がよいのですが、重い、壊れやすいのも特徴です。

あと、ハサミ(園芸用)スコップ、ジョウロ、針底ネット(コンテナなどの底に敷くもの)、鉢底の土

(水はけをよくするために、軽石、大粒の赤玉土などをコンテナなどの底に敷く土)が

ハーブ栽培に必要な道具になります。



  ハーブ栽培の基礎 〜 育て方  


タネから育てる、苗から育てる2通りありますが、ここでは苗の育て方を紹介します。

苗から育てる方法が手軽で比較的簡単でうすね。

苗を選ぶときのポイントは、葉の色つやがいいこと、茎が太いこと、香りが強いものにしましょう。

苗を植えつけてから、日向に出すまでは、植えつけてから5日ぐらいがいいでしょう。

あと苗が生長したら、別の大きいコンテナや、地面に植え替えてあげてくださいね。

鉢穴(鉢の裏)から根がでてきているようであらば、植え替えをする時期です。

そのままにしておくと、根が腐ってしまいますのでね!!



 お出かけの参考に 


海外旅行の持ち物 子供とお出かけ!
海外旅行!お勧め時期 温泉の効能と入浴の心得
ジェネリック医薬品って? キャンプの基本道具!ガイド

 食事・家事にお役立ち 


ビタミンの働き 節約をする暮し
掃除の仕方
水道代の節約

  常識 ・ 知識  

結婚祝とマナー 引越の手続き
香典の相場と礼儀 市区町村役場へ届出する用紙
収入印紙と領収書 防災グッズのチェック

 癒しのある暮しと生活 

アロマオイルの癒し ペットのいる暮し
ハーブティーの効能 楽器のエピソード

  植物を育てよう

ガーデニングの基本 ハーブを育てよう
観葉植物の効果

体 験 記

グアム旅行!体験記
Copyright(C) 2005 暮しと生活のお役立ち館 All Rights Reserved