ガーデニング

暮しと生活のお役立ち館
TOP>ガーデニングの基本





ガーデニングについて、これくらいは知っていて損はない事!!用土(土)の作り方、選び方、肥料について知っておきたいこと、

簡単にですが、肥料の種類と特徴を表でまとめてあります。生育する植物の状態と時期に応じた肥料選びと使い方が、

ガーデニングでは、とても大切なことです。





  用土の作り方、選び方 (ガーデニングの基本)    

ガーデニングの基本としてまず最初に培養土について紹介します。

赤玉土、鹿沼土、腐葉土、軽石、などなど、いろいろ種類があります。

鉢やプランターの土を作るとき、基本になる用土が、

赤玉土、鹿沼土(通気性、保水性、保肥性が非常によい)

などで、この基本の用土の物理性や、化学性などを改善し

植物の発育をよくする改良した用土が、腐葉土、ピートモース、

バーミキュライト、パーライトなどがあげられます。
基本的には赤玉土と腐葉土を、約7対3の割合で混ぜるのが基本ですが、植える植物によって混ぜる土の種類、比率は変わってきます。

室内で栽培するときは、赤玉土、ピートモースをを7対3の割合で混ぜる、ベランダで栽培するときは、赤玉土と腐葉土を約7対3で

混ぜたものに、バーミキュライトを15%プラスするのが一般的
です。
植物の好みで配合土を作るのは、植物にとって大変よい事なのですが、ブレンドするには、時間と手間、お金がか

かる、中途半端に用土が余るなどいろいろ問題もあるので、市販されている培養土を上手に活用したいですね。

市販の培養土は、ホームセンターなどで購入出来き、観葉植物、洋ラン、草花、鉢花用などたくさんの培養土があります。




   肥料の種類と特徴  (ガーデニングの基本) 
 


ガーデニングの基本、肥料の種類と特徴についてですが、

有機質肥料(天然のもの)無機質肥料(化学合成したもの)などに分類され、肥料の効き方によって使い分けをします。



種 類 特 徴 使用方法
速効性肥料 水に溶けやすく施すとすぐに効く肥料 追肥
緩効性肥料 施したときから効き始め効果の持続時間が長い肥料 元肥、追肥
遅効性肥料 効き方が遅い肥料 元肥
※ 元肥 : 種まき、植えつけ、植替えのときなどに前もって土に肥料を混ぜること

※ 追肥 : 生育に応じて追加する肥料のこと
  市販の肥料について知っておきたいこと (ガーデニングの基本) 

市販の肥料ですが、裏に成分比(%)という表示がされています。

Nはチッ素、Pはリン酸、Kはカリで3成分とも植物が育つのに非常に大切な役割を持っています。


チッ素(N)は植物にとって大切な養分で、これが不足すると生育不良(葉色が薄い、葉が小さくなる)などの症状がでます。


リン酸(P)は根の伸長、開花などを促進しますが、不足すると茎が細くなる、開花が遅くなるなどの症状がでます。


カリ(K)は暑さや寒さ、害虫などに対する抵抗力を強めますが、不足すると害虫の被害を受けやすくなります。


どの植物、どの時期にでも使えるもの、水耕栽培に使うもの、球根、根菜に使うもの、樹木、草花に使うもの

など種類のよって使い分けされています。


生育する植物の状態と時期に応じた肥料選びと使い方が、ガーデニングでは、とても大切なことです。

水の与えすぎと肥料の施しすぎ!!には要注意です。




 お出かけの参考に 


海外旅行の持ち物 子供とお出かけ!
海外旅行!お勧め時期 温泉の効能と入浴の心得
ジェネリック医薬品って? キャンプの基本道具!ガイド

 食事・家事にお役立ち 


ビタミンの働き 節約をする暮し
掃除の仕方
水道代の節約

  常識 ・ 知識  

結婚祝とマナー 引越の手続
香典の相場と礼儀 市区町村役場へ届出する用紙
収入印紙と領収書 防災グッズのチェック

 癒しのある暮しと生活 

アロマオイルの癒し ペットのいる暮し
ハーブティーの効能 楽器のエピソード

  植物を育てよう

ガーデニングの基本 ハーブを育てよう
観葉植物の効果

体 験 記

グアム旅行!体験記

Copyright(C) 2005 暮しと生活のお役立ち館 All Rights Reserved